2020年3月27日金曜日

神田美土代町「四川一貫」で、こしょう、こしょう、こしょう、刺激を増幅させようと、じんわりうまいスープに変わりなし、広東麺


 今日の夕方から雨らしいね。週末は雪? いつもなら「桜、どうなるのかな?」と心配するところだが、今年は、花見って雰囲気でもないしな。でも来週末までもってほしいけど。
 さて、昼食は四川一貫。店に入ると先客4人。注文が決まらないような雰囲気を察してか、厨房から道郎さんが、「何にする?」と、先に聞いてくれた。即「広東麺」。で、速攻で登場。
 手前のスープをまず一口。じんわりとうまいわ。そして、白菜をぱくりとやりつつ、麺を手繰って、するするっと。そこに、こしょう、こしょう、こしょう。刺激を増幅させようとスープのうまさは変わらず。ごちそうさまでした。

2020年3月26日木曜日

神田猿楽町「五ノ井」で、鶏と豚がらベースだが、ほんわかと魚貝の香りが漂うスープに、つるっとした中細麺、辣椒、こしょうを足しながらの塩らーめん


 昨日の小池会見を受けて、自粛ムード倍増。明日からジム・ジャムッシュの新作『デッド・ドント・ダイ』、明後日からは平良いずみ監督の『ちむぐりさ』が東京公開と、この週末は、いい感じなのにね。
 それにしても、ライブも中止や延期。3月以降、Wack、プー・ルイ、そして柏木ひなた。今後、どうなるのでしょう。
 さて、昼食は、五ノ井へ。今日の気分は、塩らーめん。鶏と豚がらベースだが、ほんわかと魚貝の香りが漂うスープに、つるっとした中細麺。辛い辣椒をチャーシューに付けながら、そして、スープに溶いて。最近は、卓上のこしょうを入れるのも好き。やっぱ、うまいわ。

2020年3月25日水曜日

新宿東南口「かのやうどん」で、あっさりした出汁に主張し過ぎないかのやそば


 今日は、かのやうどんで、いつものかのやそば、うどん出汁。あっさりした関西風の出汁に、主張し過ぎないそば。500円という値段以上かと、思います。うまし。

神田美土代町「四川一貫」で、春キャベツのこの時期は、葉は柔らかく茎は甘くて、少々違った味わいになる担々麺


 東京オリンピック・パラリンピック延期となり、直接的には関係ないようで、コロナの影響もあって、仕事上のスケジュールがいろいろと変更に。午後から、ちょいと頭の体操をせねば。
 で、作業に備えて、四川一貫で担々麺。春キャベツのこの時期は、葉は柔らかく茎は甘くて、少々違った味わいになる。これが、また、うまい。こしょうをたっぷりと掛けて、一気に食べ終えた。うまし。
 ところで、修理に出していたリコーのGRⅢが昨日無事に帰還。スマホも悪くないが、やっぱりいいね。コロナの影響で修理体制も縮小していると言っていたのだが、窓口のマップカメラ、リコーの対応も良かった。ありがたい。

2020年3月24日火曜日

千歳烏山「わが家」で、炒めたブロッコリー、ベーコン、玉子のカレー。ブロッコリーは、少し焦げ目を付けて


 今日は一人で夕食。少し前に作っておいた具のないカレーを温め、炒めたブロッコリー、ベーコン、玉子と共に。ブロッコリーは少し細く切って、茹でずに焼くのがおすすめ。少し焦げ目が付くくらいが、うまいですよ。

神田美土代町「四川一貫」で、いつも変わらぬ安定のうまさと辛さ。途中、粉唐辛子(通称、こな)を投入して、より刺激的な鶏肉とピーマンの味噌炒め

 
 寒いのか暖かいのか、よく分からない日々。朝はコートが必要だったが、昼食時には、気持ちがいい青空と心地のよい風。四川一貫へ行く足取りも軽やかかと思いきや、何だかひと気が少ないような気もして、まだまだ春は遠いかね。
 さて、今日は歯の治療が一段落し、と言っても、来週からまた別の歯の治療、5年も歯医者に行かないのは、ダメですな。ではあるが、麻酔とか治療跡を気にせずに、食事ができるのは、うれしいもの。週替わりのランチメニュー、鶏肉とピーマンの味噌炒めを注文。もちろん、大辛で。いつも変わらぬ安定のうまさと辛さ。途中、粉唐辛子(通称、こな)を投入して、より刺激的に。いいね~。うまいっす。

2020年3月23日月曜日

見た目ではかなり濃そうだが、意外とあっさり、マー油香るスープに中太麺がぴったり、きくらげもいいね、もやしラーメン


 熊本出張。午後から取材なので、その前に昼食を、ということで、熊本駅から歩いて10分ほどの人気ラーメン店、黒亭へ。同じ通りにある埼陽軒に以前行ったことがあって、再訪かなとも思ったのだが、月曜日、休みだった。残念。
 黒亭、ものすごく久しぶり。カウンターに座って、もやしラーメンを注文。店内、ほんのりにんにく臭、期待が高まるね。
 で、5分ほどで、ラーメンが運ばれてきた。マー油のいい香り、食欲がそそられる。まずは、スープ。こくのあるとんこつスープは、しっかりと塩が効いていて、うまい。見た目ではかなり濃そうだが、意外とあっさり。中太麺は、ぷりっとした食感。スープによく合う。具は、チャーシュー、もやし、きくらげ、ねぎ。もやしは九州の細いやつ。とんこつラーメンには、これだね。麺と同じくらいの細さに切られたきくらげも、いい仕事してる。あっという間に食べ終えたが、都内にあったら、行くかな。

2020年3月22日日曜日

千歳烏山「わが家」で、こんぶを効かせた出汁に、少しだけ甘く煮つけたおおぶりの油揚げを入れたきつねうどん


 今日は一日、おとなしく家で過ごす。JA千歳烏山で買ってきた、ソメイヨシノを愛でながら、昼食は、つまみをちょろっと、あとはきつねうどん。おおぶりの油揚げを少しだけ甘めに煮て、こんぶを効かせた出汁に、うどんと共に盛り付ける。噛んだとたんにじゅわっと出汁が溢れる。うまい。

2020年3月21日土曜日

千歳烏山「わが家」で、前菜がポークソテーで、メインがとんかつという豚ざんまい。それぞれの良さを楽しむ夕食


 週末用にと、柳屋@千歳烏山で、牛、豚、鶏を購入。今晩は、前菜がポークソテーで、メインがとんかつという豚ざんまい。当然だが、焼きと揚げでは、まったく味わいが違う。ソテーは、サクッと、かつは、ふわっと。そして、柳屋の豚肉は、軽いので、罪悪感もありません。

新宿西口「渡邊」で、かしわと三つ葉の和え物、かぼちゃの揚げだしからの、おろしそば、鴨南蛮うどん


 午前中、歌舞伎町のTOHOシネマズで映画を見て、さて、昼時。今日は、新宿西口の渡邊かなって、彼女と二人で話していたので、迷うことなく、店へ。
 新宿は人が少ないね。土曜昼の渡邊なんて、まぁまぁな混雑だろうに、空いていて、あっさり座れたし、空席もあり。でも、他に比べれば、入っているのかな。
 蕎麦焼酎の蕎麦茶割を頼んで、かしわと三つ葉の和え物、かぼちゃの揚げだし。そして、〆に、おろしそばと、鴨南蛮うどん。この店は、うどんも手打ち。のどごしがよく、こしもある細麺は、すごく好み。コクのある鴨出汁もうまい。満足度高し。


2020年3月20日金曜日

千歳烏山「わが家」で、肉感とジューシーな肉汁、柳屋さんで買ってきたあいびき肉と玉ねぎだけのハンバーグ


 まー、いろいろなものを食べるのですが、何が好きってハンバーグ。しかも、自分が作ったのが、一番好きかな。そりゃ、好みに作れるものね。で、柳屋さんで買ってきたあいびき肉と玉ねぎだけのハンバーグ。肉感とジューシーな肉汁、イエメシのいいところは、ほんと甘やかしができること。そして、ご飯を出そうかと思ったのだが、結果、赤ワインというのも、うちらしい。

東高円寺「ばりこて」で、泡立つスープは豚骨をじっくり煮込んだ証、粉感のある細麺がつるっと入ってくる、しゃくしゃくのねぎラーメン


 用事があって午前中から中央線沿線の奥の方。で、昼食どき、荻窪で下車し丸ノ内線で東高円寺へ。久々にばりこて。
 数人並んでいたが、ちょうど入れ替わるタイミングで入店。が、その後、長蛇とは言わないけど、ずっと待ちが続いていた。このご時世に、しかも、あの立地。すごいと思う。
 さて、うちらと言えば、まず瓶ビール、ぎょうざ、モツ煮込みでスタート。昼でも構いませんから。辛子高菜をぎょうざのタレに浸して食べるのが、うちら流。ぎょうざも辛子高菜と共にね。熱々のモツ煮には一味をたっぷりと。しょうがが効いていてうまい。ここで、芋焼酎のロック。合う。も少し食べようかと、味噌ずり、砂肝の味噌煮込み。甘めで九州味、こっちは、にんにくがほんわか。いいね。
 さて、〆。今日は、ねぎラーメンをバリカタで。速攻で出てきたラーメンスープには、泡がたっぷり。これ、これ。これが、豚骨をじっくり煮込んだ証。こくがあるのに、あっさり。うまいわ〜。粉感のある細麺、つるっと入ってくる。これが、スープをグッと持ってくるのよ。しゃくしゃくのねぎ、薄めながら主張のあるチャーシュー、そして、サービスで入れていただいた玉子。もう完璧。
 中野から世田谷に引っ越してきて、一番の悔いは、ここが遠のいたことかも。しょっちゅう来たい。ごちそうさまでした。近いうちに、また来ます。

2020年3月19日木曜日

神田猿楽町「五ノ井」で、辛さもさることながら、ちょっとした発酵系の香りもいい辣椒をトッピングして、さらにうまい味噌らーめん


 今日は五ノ井で季節限定の味噌らーめん。おそらく今月いっぱいで、おしまいではないかと思い、暖かくはあるし、来週もあるのだが、タイミングを逃すと嫌なので、ね。
 ちょうどカウンターが空いたので、すんなり座れたが、まぁまぁの混雑ぶり。五ノ井の界隈は、行列ストリートなのだが、大学の春休みやコロナの影響で一時期、人が少なかったあの店、この店に活気が戻っていたのは、いいことかと。
 さて、味噌らーめん、こっくりとしつつも優しい味わいのスープ、落ち着くね。中太麺がスープをよく持ってくるのも、いい感じ。赤い辣椒は、店特製で、辛さもさることながら、ちょっと発酵系の香りもして、お気に入り。五ノ井にあるすべての麺類に合います。餃子にも必須かな。

2020年3月18日水曜日

神田小川町「麺堂にしき」で、色合いは淡いがしっかりとした醤油の香りと味のスープに全粒粉の麺、悪くはないが、もう少しインパクトが欲しい鴨だしラーメン


 今日は神田小川町の新店、麺堂にしきへ。鴨だし醤油、鯛だし塩の二枚看板で勝負らしい。で、鴨だし醤油ラーメンを注文。まだまだ店の存在が浸透していないのか、空いていて着席し、ほとんど待たずにらーめんが登場。ルックスは悪くない。麺は全粒粉だね。
 まず、スープを一口。色合いは淡いがしっかりとした醤油の香りと味、スープは鴨というか鶏系のだしを感じる。こしのある細麺によく合うね。チャーシューは鴨。低温調理されているようで柔らかくておいしい。そして、メンマに、ねぎ、貝割れ。とりあえず及第点。卓上のホール山椒はポイント高し。
 だが、もう少し鴨が強くてもいいかな。あっさりと仕上げたいのだろうが、インパクトに欠ける。立地もよくはないし、少しの工夫が必要かと。

2020年3月17日火曜日

神田美土代町「四川一貫」で、あっさり軽く、正しくうまい麻婆豆腐、大辛、花椒多め


 午後イチで会議があるので、早めに四川一貫へ。さすがに空いていて、麻婆豆腐定食、大辛、花椒多めをさくっとね。見ためからは分かりづらいかもしれないけど、ここの料理は何を食べてもあっさりで、軽い。ゆえに、どてっとした中華料理を欲する人には合わないかも。あくまで、個人の感想ですが。
 とはいえ、ほんとに正しく、うまい麻婆豆腐なので、未食の皆さんはぜひともに。

2020年3月16日月曜日

新宿歌舞伎町「一」で、食べすぎか? おでん5種盛りと、昆布出汁、塩気がキリッと効いた肉うどん


 気になってはいても、なかなか入りづらい店というものはあるもので、歌舞伎町、新宿ロフトからすぐ、ACB横のうどんとおでんの店、一は、その典型か。
 常連さんっぽい人がいたりすると尚更なのだが、今日は誰もおらず。それは、それでハードルが高いとも思うが、意を決して、入ってみる。
 カウンター4席、その他に店外に、2〜3人掛けテーブルが二つ。で、カウンターに着席。主人と二人きりである。ハイボールを注文して、おでんはありますかと。5種盛り合わせが500円。ではと、それをつまみに、しばし歓談。話題は、コロナ。歌舞伎町も人が少ない。中国、台湾、韓国のお客さんが激減、ヨーロッパ系の皆さんも、イタリアなどの感染拡大で、どうなることやらと。この店も、観光客が多かったらしい。
 おでんを食べ終え、肉うどんを注文。うどんは、茹で上げ、水できっちりとしめてから、湯で温め直し。寸胴にたっぷりの昆布出汁、肉は作り置きを出汁で温めていた。出汁と塩がキリッと聞いたすめ(うどんつゆ)。麺は、細麺で、不必要なこしがない、九州北部のそれに似ている。ゆえに、好み。
 営業は、19時〜早朝まで。ロフトに来た時なんか、サクッと食べられるし、いいね。主人も人懐こいし。ただ、一人で、おでん5種、うどんは、腹はち切れそう。うまいけど。
 そうそう、店のラジオからARBの「STANDING ON THE STREET」が流れていた。

神田美土代町「四川一貫」で、葉は柔らかくて、茎はしゃきしゃき、甘さも増してるキャベツを使った回鍋肉


 神田鎌倉橋近くに、鹿児島ラーメンの店が先週オープンしたと聞いた。速足で10分ほどかな、ちょっと遠いが行ってみた。そうしたら、なかなかの行列。これは、いかん。昼休み中に戻れないかも。
 ということで、四川一貫へ。が、こちらも繁盛。4人テーブルに相席し、今週のランチ、回鍋肉を注文。思いのほか、早く出てきて、さくっと食べ終えたのだが、この時期のキャベツは、葉は柔らかくて、茎はしゃきしゃき、甘さも増して、うまいね。お好み焼きにもぴったりかと。

2020年3月15日日曜日

千歳烏山「わが家」で、濃いめのストレートスープには、表面に脂がぎっちりと浮いて、熱々をキープ、西山製麺の味噌ラーメン


 西山製麺の味噌ラーメン。1センチほどに小分けした豚ひき肉、レンチンの温泉もやし、そして、九条ネギ。
 濃いめのストレートスープ、表面に脂がぎっちりと浮いて、熱々をキープ。食べると、意外とあっさりで、飲み干せる感じ。麺は、札幌ラーメン独特の黄色いやつで、しっかりとした歯ごたえ。うまい。

2020年3月14日土曜日

千歳烏山「わが家」で、あのこのために予行演習、柔らかく仕上げたやりいかがうまい、たらこスパゲティーなど


 今日は、あのこが来るはずだったのだが、発熱、大事をとって仕切り直し。と、いうことで、次回に向けて、予行演習。柔らかく仕上げたやりいかがうまい、たらこスパゲティー、牛たん焼きなど、うまくできたと思います。次、楽しみにしててね。おいしいもの用意しますよ。

2020年3月13日金曜日

神田淡路町「トプカ」で、歯医者経由だと咀嚼に困難が生じるので、しゃばしゃば系ポークカレーを飲み物感覚で


 2月から通っている歯医者。治療は大切だし、たまに診てもらうのも重要だが、なにせ昼休みの1時間で、通院と食事をすまそうと思うので、いろいろと無理が生じる。
一番は、先週に引き続いての麻酔。これが、よく効くので、ちょっと時間を置いて、食事をしても、うまく食べることができない。
 今日は、トプカで、ポークカレーにしたのだが、ここのインド風カレーがしゃばしゃばで良かったよ。具はそんなに苦労しないのだが、難敵が米。これを咀嚼しようとすると、こぼしそう。なので、噛まずに飲むという強硬手段で完食。うまいのだが、食べた気があまりしない。皆さん、歯は大切に。

2020年3月12日木曜日

神田猿楽町「五ノ井」で、麺と合わせるといい塩梅、魚貝がほわっと香るスープ、最終盤に酢を1、2滴たらしでも、うまい塩らーめん


 今日は五ノ井で塩らーめん、辣椒ハーフと共に。魚貝がほわっと香るスープだが、たれに仕掛けがあるんだろうね。最初にスープだけ飲むと、塩気が強く感じるのだが、麺と合わせると、これが、いい塩梅に。うまく計算されている。このスープに、辣椒を入れると、一気にエスニック。最後の最後に、酢を足してもうまい。ただし、レンゲで救ったスープにちょいと入れるのがポイントです。

2020年3月11日水曜日

神田美土代町「四川一貫」で、どんな時でも変わらぬ味をキープ。プロの味、麻婆担々麺


 午後から、いろいろとあるので、少し早めに四川一貫へ。割と空いていたのだが、この界隈は、貸会議室がとても多くて、四川一貫へのそれらの利用者がよく来る。新型コロナウイルスの影響の影響で、そういった会議室もキャンセルが相次いでいるらしい。となると、四川一貫への影響も少なくはない。今日は、ほんとに道もがらんとしているし、どうなるんだろう。
 で、麻婆担々麺、花椒プラス。どんな時でも変わらぬ味をキープ。プロですな。

2020年3月10日火曜日

神田淡路町「吉野家」で、牛丼小盛に、みそ汁とお新香のセット、プラス生卵。吉野家では3月末まで「お子様の食事支援施策」やってるってよ


 今日は仕事がバタバタしていて、気が付けば15時。昼食は抜こうかとも思ったのだが、夜も遅くなりそうだし、いったん休憩することして、吉野家へ。
 牛丼小盛に、みそ汁とお新香のセット、プラス生卵。特段「うまい!」わけではないが、この値段で、この味と量。企業努力を感じるけど、もう少し取ってもいいのではとも思う。最低賃金が1500円以上になれば、文句を言う人もいないのかと。
 そういえば、吉野家、コロナウイルス拡散に伴う休校への対応として、「お子様の食事支援施策を2020年3月10日(火)11時から3月31日(火)24時までの期間、実施」だと。民間はいろいろと工夫しておるのに、つくづく、とほほな政府だな~。

2020年3月9日月曜日

神田美土代町「四川一貫」で、1センチほどの千切りキャベツ、そして、ベーコンに、にんじん。シンプルな食材をさっと炒めた、四川一貫のオリジナル? キャベツベーコン


 昨日の昼に食べ過ぎて、夜は、ほとんど食べない感じだったので、午前中に、無性に腹が減る。で、午後イチで会議ということもあり、早めに四川一貫へ。着いた時は空いていたが、その後に、続々と。周辺の企業では在宅勤務のところも少なくないらしいし、町全体もさみしい感じだけに、賑わう店内に、気持ちも和む。
 で、週替わり定食、キャベツとベーコン炒めを注文。1センチほどの千切りキャベツ、そして、ベーコンに、にんじん。シンプルな食材をさっと炒めた、四川一貫のオリジナル?かな。あまり、よそでは見ないが、ここでは、定番。私は辛めにしてもらっているので、真っ赤だが、デフォルトは、もっとキャベツ色。人気の一品である。

2020年3月8日日曜日

千歳烏山「わが家」で、ベースはたっぷりのやまいも、粉をまったく使わないくっ、ふわっな食感で、とにかく軽いお好み焼き

 

 月に一回くらいかな? 週末イエお好み焼きである。うちのお好み焼きは、粉をまったく使わない。ベースのやまいもに、粗いみじんぎりのキャベツ、ねぎ、卵、いか、干し桜エビ、天かす、塩ほんと少々を加えて、よーくかき混ぜる。熱したホットプレートに油をひき、生地を乗せて形を整え、上に、豚ばら肉のスライス。途中で、ひっくり返し、豚ばら肉に焼きが付いたら、もう一度ひっくり返して、豚の脂で生地がサクッとするまで焼く。焼きあがったら、好きなソース(レモン醤油も、いい)を塗って完成。
 さくっ、ふわっな食感で、とにかく軽いのが、このお好み焼きの特徴。おいしいし、簡単なので、ぜひに。と、言いたいのだが、実は、一番のポイントは、ホットプレートだったりする。うちのは、イワタニのカセットボンベを使うやつで、直火だし、火力の調整が自由自在。家で、お好み焼きとか焼肉をするって人には、お勧めです。

2020年3月6日金曜日

神田美土代町「四川一貫」で、辛くて花椒もさわやかで、とてもおいしい春雨とひき肉のうま煮だが、歯の治療の麻酔のため、後半は食べてる感覚なし


 実は歯医者に通っていて、今日も昼休み前半に治療、終わってから昼食。で、「ご飯はすぐに食べてもいいですよ~」と、医者がいうので、四川一貫に直行し、春雨とひき肉のうま煮定食、大辛、花椒プラス。久しぶりだし、楽しみ!
 だったし、今日のは、辛くて花椒がさわやかで、とてもおいしかったのだが、治療のため注射され麻酔が食べ進むにつれて、どんどん効いてくる。唇の右下部分、ほぼ感覚がない。自分の唇をかみそうで、慎重に慎重に食べてしまった。スープも口からこぼれそう。やっちまったな。

2020年3月5日木曜日

新宿西口「リンガーハット」で、しゃきしゃき国産野菜がほんとにたっぷりな野菜たっぷりちゃんぽん


 仕事が遅くなったので、彼女と待ち合わせて、新宿で下車し、夕食を食べようかと。で、西口のスタンド寿司屋に向かうも、早じまいらしい。ヨドバシカメラもすでに閉店。新型コロナウイルス対策かな。
 開いている店もあるが、うーん、どうしよう。こういう時は、リンガーハットである。まず、失敗することないし。で、野菜たっぷりちゃんぽん、麺少なめとハイボール。今でこそ、いろいろなチェーン店が野菜たっぷりなメニュを提供しているが、元祖は、ここ。しゃきしゃき国産野菜とかまぼこなどの具材、ほんとたっぷり。コクはありつつ、あっさりしたスープもうまいね。助かりました。千歳烏山にも、ほしい。

神田美土代町「四川一貫」で、スープ、あん、麺のバランスが抜群の麻婆担々麺。デフォルトの味にこしょうが断然のお勧め

 少々スタートダッシュに失敗し、四川一貫へ。まぁまぁの混みようで、このご時世に、繁盛してるのは、いいことかと。
 さて、何を食べようか。久しぶりに春雨の定食もいいかなと思ったのだが、結局、麻婆担々麺。しばらく待ち、「遅くなりました」と、料理がテーブルへ。
 麻婆担々麺自体は、裏メニューなのだが、味はデフォルトで、麺は少なめの硬め、そして花椒をふりかけてもらっている。で、ですよ。今日の麻婆担々麺は、スープ、あん、麺のバランスが抜群。特に、あんが強過ぎず、最後までスープの味が楽しめる。実は、四川一貫の麺料理を十分に楽しむのなら、辛めはお勧めしない。また、途中で豆板醤や辣油を入れるにしても控えめがいい。辛くして食べたいのなら、こしょうが一番お勧め。これ、ほんとなので、ぜひ、お試しあれ。

2020年3月4日水曜日

神田美土代町「四川一貫」で、花粉症に効く花椒(個人の感想です)をもう少し多めにしてもらえば良かった、いつもの赤い麻婆豆腐

  新型コロナウイルスの感染拡大。初動ミス、一方的な情報と要請、訂正など、政府は責められて然るべきかと。
 さて、四川一貫。心なしか空いているような気もするとも思ったが、入れないお客さんもいるには、いた。
 で、麻婆豆腐定食。いつもの通りの赤いやつ。もう少し花椒を多めにしてもらえば良かった。花粉症には花椒が効くのよ(個人の感想です)。うまいけど。

2020年3月3日火曜日

新宿紀伊國屋下「モンスナック」で、元祖シャバシャバ系、意外と辛い、揚げたてカツのジュワという音も楽しいカツカレー


 新宿で映画の前後に食事。だと、かのや、北京、と、お決まりコースになりがちなので、今日は、ちょっと趣向を変えて、紀伊國屋地下のモンスナックへ。何年ぶりだろう。前回の記憶がない。
 で、カツカレー、小盛り。カツは注文が入ってから揚げるので、7、8分待つかな。ま、すぐですけど。で、カレー登場。揚げたてカツからジュワーという音が、こりゃうまそう。卓上の福神漬けを乗っけて食べる。ここの特徴は何と言ってもシャバシャバのルー。ほんと、シャバシャバよ。サックサクのカツにルーを掛けて、ライスと共に。インド風でも和風でもないモンスナックの味。意外と辛い。50円プラスで辛さ増しもできる。うん、駅のスタンドカレーよりも本格的で、なかなかうまいよ。こりゃ、また来るな。

神田猿楽町「五ノ井」で、皿や、つるっとしつつ、もちもちの麺もきっちりと冷やされている、年中食べられる激うま冷やし担々麺


 三寒四温とはいうが、こう毎日の気温の差が激しいと、着るものにも困ってしまう。今日、暖かいからと、コートをしまうわけにもいかない。何せ、明日からまた寒いらしい。
 ま、今日は、この陽気。ということで、五ノ井に冷やし担々麺を食べに行くことに。カウンターはすでに埋まっていたのだが、ちょうど空きができて、すんなりと着席し、冷やし担々麺と辣椒のチケットを渡し、しばし。中太麺の上には、シャーシュー、きゅうり、わかめ。これに、甘酸っぱい冷やし中華ダレをベースに、辣油、すりごまなどをプラスした担々ダレがたっぷりと掛かる。
 冷たい麺の時には、最初から辣椒を入れて、全体を大きく混ぜてから食べる。皿や、つるっとしつつ、もちもちの麺もきっちりと冷やされている。これ、重要だね。実は寒い日でも冷やしを欲するときがあるので、年中食べられるのもうれしい。ごちそうさまでした。

2020年3月2日月曜日

神田美土代町「四川一貫」で、寒い日にはうってつけ、ご飯もあんも熱々の中華丼


 週末とは打って変わって、また寒い。今週は天気がよくないらしい。が、花粉はそこそこあって、うっとうしい。
 さて昼食。四川一貫に向かうと、案外に空いている。今週の定食は、春雨とひき肉のうま煮、久しぶりに、それもいいかなと思ったが、口から出たのは「中華丼」。ごはんもあんも熱々のこのメニューが寒い日にはうってつけかと。口内火傷しそうなくらいだもの。

2020年3月1日日曜日

千歳烏山「わが家」で、昼食は、唐揚げ。夕食は、牛カルビ乗せキムチチャーハンと、高校生か!と突っ込みたくなるイエメシ


 昼食は、唐揚げ。夕食は、牛カルビ乗せキムチチャーハンと、高校生か!と突っ込みたくなるのだが、体力勝負だからと言い聞かせる。それにしても、うまい。