2018年6月30日土曜日

千歳烏山「わが家」で、柳屋さんで買った赤身に塩だけして焼いたジューシーソテー


 柳屋さん@千歳烏山で買った赤身肉を塩だけして、軽くソテー。野菜を添えて。これ、赤身?って思うほどにジューシー。カツにしても、いいだろうね。ビフカツカレーなんか、どうかな。

千歳烏山「萬来軒」で、飾り気のない酸っぱくてちょい辛の酸辣湯麺


 2月くらいから休んでいた萬来軒が数週間前に復活。昼だけの営業らしいが、地元客で賑わっていた。
 何を食べよっかなと思い、酸辣湯麺を辛めで。「辛め?」って、お母さんに言われるので、いつもの風景。で、飾り気のないまっすぐなスープに酸味と辛味。ザ・酸辣湯麺である。うまし。

2018年6月29日金曜日

神田司町「牛辛麺」で、店名そのままのネーミングに納得、クセが強いけど大正解の牛辛麺


 四川一貫にふられ気分でrock'n roll。淡路町界隈をうろうろ。いつもだと、天ぷら天兵に行くパターンの道筋に、見慣れない「牛辛麺」の看板。ちょっと入りづらそうな店構え。なので、入ってみる。
 雑多な店内で、東南アジアっぽい感じ。どうやらフォーを中心とした店みたい。
 メーンは件の牛辛麺。牛スープの辛い麺、そのまんまだね。トッピングにパクチーを追加して、3辛(大辛。激辛の4は追加料金がいるらしい)を注文。
 待つこと5分ほどで牛辛麺到着。確かに牛だしの香りがする。一口スープをすする。お、すごいシンプルだが、牛の主張がすごい。うまい。魚醤も来るね。いいわ。3辛でも、しっかり辛い。麺は、平打ちのフォー。にゅるっとした食感が楽しい。具は、牛の煮たやつ、チャーシュー(これが、とてもエスニック)、もやし、玉ねぎ。野菜は生のやつをぶっこんだ感じで食感よし。追加のパクチーも大正解。
 たまに来てもいいね。淡路町の交差点から神田西口方面へ徒歩5分ほど。お勧めです。クセが強いけど。

2018年6月28日木曜日

千歳烏山「わが家」で、仕事が遅くなったので買ってきた唐揚げをきっちり盛り付けて


 今日は仕事がちょい遅く、家で作るには材料がなく、外で食べるのもな〜ってことで、千歳烏山北口バス停前の唐揚げ屋で、味が違う唐揚げを3つ買ってきての夕食。ただし、盛り付けはしっかりと。キャベツの千切りは昆布酢であえて、あとプチトマトを添えた。この店の唐揚げ、けっこううまいし、まぁいい感じかと。

神田美土代町「四川一貫」で、スマホカメラでの撮影に悪戦苦闘しながらの麻婆坦々麺


 スマホのカメラで悪戦苦闘が続く。今日の麻婆坦々麺も、もう少し色を浅くしたかったのだがね。四川一貫のテーブルの赤を攻略しなければ、どうにもならない。プロモードってのがあって、いろいろ設定できるので、ちょっと研究を。
 と言っても、麻婆坦々麺自体は、うまい。それだけは間違いない。

2018年6月27日水曜日

新宿「キリンシティ」で、心地よい風に吹かれながら旅行気分で、ブラウマイスターのメガと、カリーブルスト


 映画『ALONE』を見終えて、モヤモヤ感を抱きながら、新宿アルタそばのキリンシティで、ブラウマイスターのメガと、カリーブルスト。風が心地よかったので、外で立ち飲み、約20分ほど。外国人観光客が多かったせいか、ちょっとした旅行気分が味わえた。

神田美土代町「四川一貫」で、甘酢ダレと麺のバランスがいい、今週2回目の涼拌麺


 今日の四川一貫は男性客ばかり。しかも、ほとんどの人が週替わりの回鍋肉定食を食べているという、なかなかの光景に出くわす。厨房から聞こえるキャベツをざくざくと切る音が心地いい。
 と言いつつ、私は暑さに負けて涼拌麺(冷やし)、麺少なめで。すっきりとした甘酢ダレと麺のバランスがいい。具もたっぷりで、がつっと混ぜてから食べるべし。同じものは続けて食べないようにしているのだが、今週は、すでに2回目。暑いし、うまいんだから仕方がない。

2018年6月26日火曜日

神田美土代町「四川一貫」で、スマホカメラの設定をいろいろ試しながらの麻婆豆腐


 ここ数日は、スマホで写真を撮ることも多いのだが、いかんせん慣れない。おまかせとマニュアルと両方つかっているのだが、四川一貫の麻婆豆腐の写真も、今日は赤みが強く出てしまった。と思ったら、「鮮明」なんて設定になっていた。とりあえずデフォルトに戻したけど。
 と言いつつも、麻婆豆腐のうまさに変わりはない。今日はひき肉が一段と香ばしくて、良かったな。

2018年6月25日月曜日

神田美土代町「四川一貫」で、この夏一番のお勧め、辛子、辣油、酢をじょじょに加えながらの涼拌麺


 今日は全国的に暑いらしいね。わが故郷日田は35℃予想だとテレビで言ってた。今年は、日田ってワードをいつも以上によく聞く気がする。
 さて、四川一貫。昼飯はこれっと決め打ちの涼拌麺(冷やし)。甘いんだけど、しつこくはないタレがうまい。辛子、辣油、酢をじょじょに加えながらね。9月末までの限定メニュー。この夏(いつもだけど)一番のお勧めですよ。

2018年6月24日日曜日

千歳烏山「わが家」で、私の誕生日お祝い&高橋浩司を甘やかす会。タルタル切り干しなど。



 急遽、私の誕生日お祝い&高橋浩司を甘やかす会@わが家。2人でランチなんて何年ぶりだろうか。そして、大いにメタル話で盛り上がる。いやー楽しかった。笑い過ぎの飲み過ぎですわ。タルタル切り干し、気に入ってくれたらしい。ま、タルタルだものね。


 プレゼントもいろいろ頂きました。次回、これらでもてなしますよ~。

2018年6月23日土曜日

千歳烏山「わが家」で、長崎チョーコー醤油でヅケにした本マグロの丼


 仙川のクイーンズ伊勢丹で新潟で揚った本マグロを購入。ヅケにして、軽く盛ったご飯の上に、のり、ヅケ、みょうが、大葉、カイワレをのっけて、ごまを散らして丼に。うちの醤油は長崎のチョーコー醤油なので、少し甘め。ゆえに、あまみを足す必要はまったくなしで、結果、すっきりなんだな。

千歳烏山「わが家」で、福岡うきは鳥志のしなやかで大満足のインスタントラーメン


 福岡の製麺屋さん、鳥志のラーメン。麺、軟らかいのだが、表現的にはしなやかかな。いいわ。スープも主張し過ぎない感じ。具は、柳屋さんの焼豚と、実家特製高菜、そしてねぎ。大満足です。

2018年6月22日金曜日

恵比寿「すずらん」で、中太の自家製麺に、甘辛くてしびれのあるタレなどをがっつり混ぜる汁なし坦々麺


 先週の人間ドックでちょい心配事があったので、再び病院へ。採血&問診で11時くらいには終わる予定だったのだが、行く途中、京王線&井の頭線の安全確認で若干足止め。結局、昼前に終わったので、午前中は年休にして、恵比寿で昼食を取ることにした。
 で、ちょろいも選択肢だったのだが、午後一には事務所にいなくてはならないので、恵比寿駅近くのすずらんへ。中華の麺料理を中心とした店だが、ご飯ものや単品もあり、夜は飲んだりもできる。
 今日は、汁なし坦々麺、スープ付。中太の自家製麺に、甘辛くてしびれのあるタレ、肉みそとねぎなど。これをがっつりと混ぜて食べる。一口目から、うなってしまた。麺、もちもちでうまっ。たれも程よいピリ辛加減、そして何と言っても香りがたまらん。ちょっと食べ進んでスープを一口。おー、これもあっさりとしているが、コクがあって、汁麺も食べたくなってしまった。これで1100円はお値打ちかと。
 この店、限定メニューは、そこそこの値段なのだが、どれも満足度は高いかと。
 メニューを開くと、大きいカメラのイラストにバッテンがされているのだが、お店の人にお願いすれば、料理の写真だけは撮影可能。静かにさくっと撮って、食べるべし。

2018年6月21日木曜日

千歳烏山「榮じ」で、魚介だけのスープ、エッジが効いて粉感のある麺がとにかくうまい中華そば


 今日は仕事帰りに、ドコモショップによりまして、何と急展開のスマホ購入。ファーウェイのやつね。で、まぁまぁ時間も掛かったので、千歳烏山駅前の大好きな榮じさんで、中華そば。
 魚介だけのスープ、エッジが効いて粉感のある麺、そして、ていねいに仕込まれた具の数々。最高っす。ここ、うまいわ〜。

神田美土代町「四川一貫」で、さっと炒められた野菜のしゃきしゃき感が楽しいキャベツベーコン


 月曜日、そして昨日と、四川一貫に満席で入ることができず。職場からまぁまぁ距離があるため、入れないとなると、ランチ難民化する恐れもある。ま、この1年ほど、懐かしの店に行っているので、困りはしないが。
 さて、今日はというと、いつもの喧騒がうそのように静か。先客は何と1人。これは、これでさみしいが、着席して、キャベツベーコンの定食を注文。さっと炒められた野菜のしゃきしゃき感が楽しい。いつものように大辛でお願いしたが、いつもより辛かったかな。でも、うまし。
 何て思っていたら、あれよ、あれよという間に満席。四川一貫の勢いはあなどれないね。タイミングよく入れて良かったよ。

2018年6月20日水曜日

千歳烏山「わが家」で、いろいろ仕込みをした後に、居酒屋メニュー、特にひじきと大豆の煮物うまし


 今晩は、いろいろと仕込みもあったので、楽する感じの居酒屋メニュー。久しぶりに、ひじきと大豆を煮たが、うまいわ〜。

神田錦町「四川一貫」で、程よい厚さにスライスされた鶏レバーと野菜のピリ辛炒め


 四川一貫に行ったところ、ほぼ満席で、席が埋まったばっかりなのか食べている人もあまりいない。こりゃ仕方ないということで、四川一貫から徒歩5分ほど、神田錦町で1967年開店、中華の老舗(結局、中華)、龍水楼へ。
 昼は、麻婆豆腐と週替わりのランチ、その他に、中華丼と焼きそば(硬・軟)。夜は、ラム肉のしゃぶしゃぶだけで要予約である。
 今週のランチは、鶏レバーと野菜のピリ辛炒め。ライスとスープ、おしんこが付いて850円である。程よい厚さにスライスされた鶏レバーは軟らかく臭みもない。しゃっきしゃきの野菜との相性もいいね。四川一貫とはベクトルは違うがレベル高し。あっさりすっきりのスープと美味しいいご飯、愛想のない浅漬けもいい味を出している。
 以前よりメニューを絞ってのランチ営業だが、客層は渋く長らく愛されていることが分かる。

2018年6月19日火曜日

神田美土代町「四川一貫」で、何度食べても飽きることのない麻婆坦々麺


 四川一貫に行く途中、靖国通り神田小川町の交差点で信号待ちしていると、急に太陽が照りつけてきて、汗がじんわり。こりゃ涼拌麺(冷やしそば)で決定と思い、店まで小走り。
 で、店内に入ったところ、思いのほか冷房が効いていて、結局、麻婆坦々麺。何じゃ、そりゃ。でも、澄んだスープを一口すすれば、大正解だと気付く。うまい。よく「毎日、同じ店で飽きない?」と聞かれるが、こういうのを飽きない味っていうんだろうね。けっこうシンプルな料理だと思うが、奥が深いのである。

2018年6月18日月曜日

新宿歌舞伎町「北京」で、ぐをっという満ちあふれる生命力に包まれての韓式チャンポン

 

 LOFTで、BILLIE IDLE前に食事というと、私的な選択肢は限られて、歌舞伎町の北京ね。韓式チャンポン。多国語に囲まれて、うまい、辛い、手延べ麺のチャンポン。いわゆる長崎のとは違うけどね。
 店とお客さんが、何だろう、生きているって感じに満ちあふれているのが好き。

神田淡路町「天兵」で、見ため以上にあっさりテイスト、具材も豪華な中天丼


 さて、週の始まり。と言うか、49歳最初の昼食はもちろん、四川一貫と思って言ったのだが、あり得ないほどの盛況ぶり。こりゃダメねと、このパターンは、天兵で、中天丼。単価、倍はするんだけど、納得性はんぱない。四川一貫と同様の家族経営。味もいいね、すっきり。しかも、豪勢な具材。最高です。
 以外と知られていない店だと思います。定食、丼ともに、リーズナブルなメニューもあり。

2018年6月17日日曜日

千歳烏山「わが家」で、49歳になりまして、初料理。柳屋さんで買ってきた豚肉を塩だけで。


 49歳になりまして、初料理。柳屋さんで買ってきた豚肉を塩だけで。


 切り分けて。


 うにスパ。

2018年6月16日土曜日

千歳烏山「わが家」で、塩&ポン酢のシンプル焼肉をしたところ、ズッキーニがたらこに変化


 柳屋さん@千歳烏山で、仙台牛の赤身とザブトン、レバーを買ってきて、うち焼肉。かるーく塩をして、タレは自家製ポン酢に大根おろし。シンプル最高。野菜は、すべてオーガニック。ホワイトアスパラ、オクラ、しいたけ、そしてズッキーニ。これも塩だけなのだが、焼いたズッキーニって、たらこの味がすることを発見。ほんとビックリだけど、ほんとなんですよ。

恵比寿「ちょろり」で、焦がしねぎの効いた醤油ラーメン、軽く八角香るチャーシャーたっぷりのチャーハン、野菜と肉のバランスが絶妙のギョウザ


 恵比寿ガーデンプレイスで、映画『SUKITA』を鑑賞。そして、恵比寿と言えば、この流れということで、ちょろり。
 ちょうど昼どき、今日も、大繁盛。ちょろりは、ほとんど媒体に出ないのだが、これで露出したら、たいへんだろうね。
 そして今日は強きに、ギョウザを食べた後、ラーメンとチャーハン(半じゃないフルサイズ)。焦がしねぎの効いた醤油ラーメン、軽く八角香るチャーシャーたっぷりのチャーハン、野菜と肉のバランスが絶妙のギョウザ、うまい。文句なし。で、けっこうあっさりといけた。ほんと、お勧め。でも露出しないでね。

2018年6月15日金曜日

千歳烏山「わが家」で、まだ来ぬ夏を感じながら、鱧やらやりいかやら塩うに


 旬の鱧とやりいかを湯引きで。鱧には梅ベースのタレね。でも、これが、やりいかにも合う。うまい。夏らしい味。


 〆は、洋野うに牧場の塩うに。これ、すごいよ。そのままでも、のりと一緒、そして、めし。小さじ1杯ほどで大満足。

千歳烏山「わが家」で、明後日に迫った自分の誕生日のために作るチーズケーキ


 毎年誕生日前に受診する人間ドックが、思ったとおりの結果。ヤバす。が、そうは言っても明後日は49回目の誕生日なので改良型チーズケーキを作るの巻。今週末以降は、仙人のような生活に入る予定。でも未定。うーん。

2018年6月14日木曜日

神田美土代町「四川一貫」で、人間ドック前日に、元気の源、激辛、しかし、さらに辛い麻婆豆腐


 人間ドック前日の四川一貫。昔は、亡くなった親父さんが「辛いものばかり食べて大丈夫」とよく心配してくれていたなと。が、今年は、例年の恒例断酒をほとんどしていないので、恐らくではあるが、肝臓の数値は悪いはず。だからどうしたと開き直りたいが、やはり気を付けた方が良いかと。
 ただ食事には、まぁまぁ気を使っていて、ジャンクなものも食べるが、基本的には、家では魚や野菜も多いしね。と言い訳したりして。往生際が悪い。
 で、麻婆豆腐を相変わらずの激辛、そして、ここからさらに花椒と唐辛子をプラス。ぷるっとした豆腐がうまい。油が多そうだが、さっぱりしてるのよ、これが。
 元気の源です。

2018年6月13日水曜日

下北沢「珉亭」で、まさに東京で30年食べ続けたうまにそば。


 今日は下北沢で、ライブのはしご。で、その前に、珉亭で、さくっと、うまにそば(うまそ)。昼間に、四川一貫で広東麺を食べたのだが、醤油ベースのスープに、野菜あんかけ。似ていると思うかもしれないが、まったく違う。四川一貫のやつは、昔、大分県日田市の大衆食堂で食べた懐かしいけど、こだわりのある感じ。
 珉亭のやつは、30年食べている東京の味。一人で珉亭に来ると、ほぼ、これか、上海焼きそば(材料は、同じ)。ほんと好きなんだと思う。
 で、今日、グレさんは一階にいました。ちょっと話せたし、グレさんが注文を聞いてくれて、下北沢感が増した。
 この後、QUE、そしてSHELTERへ。いろんな意味でお腹いっぱい。 

神田美土代町「四川一貫」で、冷房のかぜにこしょうが飛ばされないように注意しながら広東麺


 月曜、火曜と用事があって行けなかったので、今週初めての四川一貫。今日は、今週のサービスメニュー広東麺を麺少なめ硬めで。650円也。トッピングのねぎはあくまでサービス。
 澄んだしょうゆベースのスープを一口飲んだ後、こしょうをたくさん掛けるのが私流。ただし、この時期は冷房の風に注意しないと、こしょうがテーブルに吹きこぼれることに。特に、奥から手前にかけて風が吹いている時ね。自分をめがけて、こしょうが飛んでくるので、なるべく器の奥に掛けていく。これ、私にとっては、重要なポイントなのである。

2018年6月11日月曜日

千歳烏山「わが家」で、残り物の総合力をにじぱんのバケットに挟んだやつ


 週末からいろいろ作った蒸し鶏、浅漬け、ポテトサラダ用のマヨネーズの残りを、にじぱんのバケットに挟んで。うまい。自画自賛。

2018年6月10日日曜日

千歳烏山「わが家」で、全体的にあっさりテイストのランチをシャブリと共に


 日曜日のランチ。キャベツとアンチョビのパスタに、じゃがいもとアスパラのグラタン、そして、蒸し鶏。じゃがいもはポテトサラダ用にこふきにしたやつを残しておいて、タルタルとハムを混ぜて。酸味が効いていて、あっさり味。蒸し鶏には、昆布酢とバローロのビネガー&薄口醤油とオリーブオイル。こっちも爽やかテイスト。さらにキャベツとアンチョビのパスタも、あっさり塩味。シャブリに合います。

2018年6月9日土曜日

千歳烏山「わが家」で、自家製昆布酢ベースのタルタルを添えたいわしのフライ。


 いわしのフライ。衣は薄らと、米油とオリーブオイルをブレンドして、軽く揚げて。添えたタルタルソースは、自家製の昆布酢ベースでうまみたっぷり。レモンをかけても良いね。普段、魚を食べない高橋浩司も食べるやつ。


 前菜は、たこと枝豆のアヒージョとポテトサラダ。ワインが進んで仕方ない。

渋谷「あの店」で、初めて頼んだところ、あまりにも具だくさんで驚いた冷やし中華


 初めて食べた某店の冷やし中華。どこの店だか分かる? 五目ってことで、チャーシュー、錦糸卵、ゆで卵、くらげ、きゅうり、トマト、もやしと具だくさん。甘酢だれはスッキリして酸が強い感じ。麺は中細のちょいちぢれ系。好きな味だな。溶き辛子を多めに加えてね。うまい。
 

 こっちの二品は大定番。渋谷のあの店の冷やし中華、お勧めですよ。

2018年6月8日金曜日

神田美土代町「四川一貫」で、柔らかいんだけど肉感しっかりな鶏肉と火のとおり具合ジャストなピーマンの炒め

 
 今日の四川一貫は、混んではいないんだけど、皆さんが違ったメニューを注文したみたいで、道郎さんがてんやわんや。と言いつつ、私が注文した鶏肉とピーマン炒め定食も、食べているのは、私一人という状態。今日は、厨房が見える席だったのだが、次々と注文をさばいていく道郎さん、汗だくです。リスペクト。
 こんなに忙しくても、鶏肉は柔らかいんだけど、肉感はしっかりと残っていて、ピーマンの火のとおり具合もジャスト。最高です。

2018年6月7日木曜日

千歳烏山「わが家」で、勇魚さんで買ったお買い得価格の関サバで、りゅうきゅう丼



 今日は、勇魚さんの閉店時間に間に合ったので、帰りに寄って、小ぶりだけど、お買い得価格の関サバを購入。半身の半分を刺身にして、残りを大分名物りゅうきゅうに。いわゆるごまサバね。で、最後には、小さめの丼。これが最高にうまい。お茶をかけても、いいよ~。夏は冷たい麦茶でも。

神田美土代町「四川一貫」で、辛子を入れたら、やり過ぎだったみたいで、涙を誘う涼拌麺


 昨日から一転して、なかなかの暑さが戻ってきた。と言いつつ、週末は天気が悪いらしいね。ま、梅雨だし仕方ないか。
 さて、今日は、定食でも食べようかと思っていたのだが、四川一貫い到着して出た言葉は「ひやし」、涼拌麺である。優柔不断でもいい、だって食べたいのだから。全体を混ぜ合わせて、溶き辛子を多めに付けて、一口。むせた。やり過ぎた。鼻に抜ける辛子が涙を誘う。でも、うまい。甘みが強めだが、すっきりとしたタレがいいね。そして、今日のチャーシューは一段と柔らかく、味もいい。懲りずに、また辛子、そして唐辛子入りの辣油を加えて、最後に酢をたっぷり。麺と具を食べ終えたら、タレを飲み干すのが、この店流です、と。

2018年6月6日水曜日

神田美土代町「四川一貫」で、多めにふったこしょうのせいなのか、汗だくになって坦々麺


 梅雨入りだとか。そんなの関係ねーと言わんばかりに盛況の四川一貫。今日は、坦々麺を麺少なめ硬め、あたま大で。たっぷりのスープとあんが熱々で、食べ終えるまで、まったく冷めないというか、どんどん熱くなっていくような。また、多めに降ったこしょうのせいもあって、汗だく。いやー美味かったのだが、事務所に戻っても汗が止まらんよ。